命の力・命のつながり

自己肯定感を高め、自己と他者を大切に思う心を養う。

あなたも「赤ちゃんゲスト」になりませんか?

2010年度、川越市に提案型事業として企画を採用してもらったこの事業。
毎年100組を超えるママ・パパと0歳児の赤ちゃんが川越市内の中学校に出向き、中学生といのちの交流をしてくれています。
小さくて可愛らしい赤ちゃんの姿に、自分もこんな小さかった時があったのかなと想いをはせる生徒。
懸命に子育てをする親の姿に、いつか自分もこんな風に親になるのかなと未来を描く生徒。
中学生にとっては、赤ちゃんとママ・パパが学校に来てくれる、ただそれだけで素敵なこと。
初めて感じる赤ちゃんの匂い、抱っこした感触、いのちの重み。

赤ちゃんを育てている今しかできないこのプロジェクトに、ぜひ、あなたも参加してみませんか?
赤ちゃんゲストの募集は、毎年春から秋まで行っています!詳しくはこちらから

中学生は未来の大人

「妊婦体験」「赤ちゃん交流体験」を通じて、中学生は何を感じてくれるでしょう。

生まれてきた自分のこと、産んでくれた母親のこと、育ててくれた周りの人のこと・・・

    

通常の授業だけでは得られない、何かを感じてくれるはず。

<実施団体>川越子育てネットワークのホームページはこちらから

子育て体験学習「いのちの講座~赤ちゃんが学校へやってくる~」

2010年度 当団体が「川越市提案型協働事業」に「いのちの出前講座」として企画を応募。
子育て支援課(当時)と協働事業として実施する。(実施7校)
2011年度 当団体の企画が「協働委託事業 子育て体験学習事業」となり、市民活動支援課管轄の公募制となる。
当団体も一団体として応募し、協働委託団体に選ばれ実施する。(実施7校)
2012年度 協働委託事業「子育て体験学習」の公募に応募し、協働委託団体に選ばれ実施。
抽選で外れた学校より自費での開催の要望が3校あり、合計12校実施する。
2013年度 協働委託事業「子育て体験学習」の公募に応募し、協働委託団体に選ばれ実施。
抽選で外れた学校より自費での開催の要望が5校あり、合計15校実施する。
2014年度 協働委託事業「子育て体験学習」の公募に応募し、協働委託団体に選ばれる。
抽選で外れた学校より自費での開催の要望が10校あり、合計20校実施する。
2015年度 川越市委託事業「子育て体験学習」となり全中学校での実施が可能となる。
5年間の実績から受託団体となり業務委託締結。(実施20校)

※2011年度、芳野地区子どもサポート委員会からの要望があり、当団体が協働提案型で企画したノウハウをお伝えしたため、芳野地区では、子どもサポート委員会にて同様の企画を実施されています。

※2015年度より、同様の取組を実施してもらいたいと要望があり、近隣の市町村の中学校でも実施しています。